ブログSNS

2020-06-19 11:05:00
働き続けたい男女こそ結婚相談所で婚活!(17)アラサー婚活での思いやりや意思疎通

近所の公園に紫陽花が咲いていました。

青と紫のあいだくらいの色と、ふわっと広がり咲く姿が、おだやかな気持ちにさせてくれました。

独身アラサーの頃は、草花に興味がなかったのに不思議な感じです^^;

 

連載ブログの17回目です。

読んでおだやかな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

17、思いやりや意思疎通で婚活も仕事もはかどる!

 

仕事だけでなく、婚活や結婚生活にも思いやりや意思疎通がとても大切です。

 

仕事でつらいことって

「これくらい分かるだろ?」と思われる

「そっちじゃなくて、こっちだろ」と言われる

場合によってはパワハラですよね。

 

逆に、

「うん、分かる分かる」と共感してもらう

「オーケー、それでいこうか」と言われる

これって嬉しいし仕事がはかどりますよね。

 

 

婚活も同じです。

 

 

婚活で出会った人に

・共感できることを探す

・その人の良いところを見つけて認める

と意思疎通がグぅっと良くなります。

 

逆に、出会った人に対して

「写真と全然違うから」と思っていることが態度に出る

「一方的に話してばかりでつまらない」と感じる

これって場合によっては社会的に大変失礼な大人になってしまいます。

 

 

 

 

さらに大切なことがあります。

 

 

 

共感力が高く、お相手の良いところを見つけることをいつもやっている人は、一緒にいたくなる魅力的な人が多いです。

 

逆に、理想のタイプの人にだけ良い顔をしようとする人は、いくらその場だけ取り繕っても、いつもやっている人には敵いません。

 

 

 

日頃から共感力と認める力を磨いていくことによって、思いやりを持って気持ちよく意思疎通ができるようになります。

でも、仕事も忙しいし、結婚したいような人もまわりにいないから、なんとなく自分磨きも最近なまけている・・・

 

本当は、思いやりを持って気持ちよく意思疎通できるような人でいたいと思っている人って、男女ともにけっこう多いのではないでしょうか。

 

 

 

結婚してからも幸せな生活を送りたいから、さまざまな出会いをしたい。

その出会いによって自然と自分が磨かれていく。

 

 

 

理想の異性に出会ったときに、どんな自分でいたいですか?

 

 

 

〜〜〜次回につづく

 

 

連載ブログはこちら>>

 

第1章「幸せに感じる生活」

1)幸せを感じる生活という目標

 

2)幸せに感じることを3つあげる

 

3)幸せを感じる生活をしてる人は魅力的

 

4)幸せに感じることをセルフチェックして変えていく

 

5)幸せに感じることをイメージしよう

 

第2章「働くことと幸せ」

6)健康第一

 

7)家族を持とう

 

8)自己決定って良い

 

9)所得と幸せの関係

 

10)学ぶ姿勢って大切

 

第3章「仕事と結婚と幸せ」

11)家庭の力になろう

 

12)結婚は仕事の力にもなる

 

13)婚活も時間を意識しよう

 

14)結婚願望がある人と交際しよう

 

15)婚活は効率的にやろう

 

第4章「幸せな人が心掛けていること」

16)思いやりと意思疎通

 

 

↓↓↓↓ごあいさつ

MarryAI(マリーエーアイ)です!

ブログを読んでいただき本当にありがとうございます!

 

 

婚活相談してみたい方、お気軽にどうぞ^^

Skype、LINE、FaceTime、Meet、Zoomのオンライン対応OK!

対面相談でも受付を再開しました!

・婚活したほうがいいかどうか迷っている

・婚活について悩んでいる

・結婚相談所に入るかどうか考えている

・いくつかの結婚相談所を検討しているので話を聞いてみたい

・結婚相談所MarryAIに入会したい

 

 

↓↓↓↓お申込みはこちらから

無料カウンセリング予約

 

 

 

  

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

◇結婚相談所にご興味のある方や

 真剣に結婚を考えている方は>>こちら 

 

◇気軽に話を聞いてみたい方や

 電話カウンセリングをご希望の方は>>こちら

 

◇TwitterのDMでもご質問できます>>こちら

◇InstagramのDMでもご質問できます>>こちら

◇FaceBookのDMでもご質問できます>>こちら

 

◇MarryAIの婚活を詳しく知りたい方は>> こちら

 

◇MarryAIのコース・料金は>>こちら

 

◇運営会社:株式会社AtMaruは>>こちら

 

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎